2013年10月28日

青空に殴り書き


image-20131028112247.png

青空に殴り書きしたくなる
そんな青空
見上げてなぞる
飛行機雲
なじる言葉ばかり
思い浮かぶ?
空を見上げる余裕がないくらい
ガムシャラな日々に
ヒビ割れた日々に
精一杯の毎日に
たまにのご褒美をあげて
空を見上げて
背伸びする。


大丈夫。
君ががんばっていることを知っている

posted by オカザキさん at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 詩的未満言葉以上 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月25日

ipad AIR もipad miniも気になるお年ごろです。あと、MAVERICKもね。


これで分かる人は、Apple好きでしょうね。
先日の新製品の発表会で注目されたipad airとipad mini レティナモデル
最初はスルーの方向だったのですが、無性に欲しくなってきた。
特にminiの方。
電子書籍端末、ネット徘徊端末、さりげない文章作成ツールとして、最適かもしれないと思うと欲望が止まらない(笑)
寝転んで、読書できる?
最高じゃないですか!

ただここ数ヶ月悩んでいたのですが、キンドルペーパーホワイトやソニーリーダーのような、読書専用端末も気になっていたり。そしてさらに悩ませるのかApple!
(悩んだ所で、嫁ちゃんの許可が降りる訳ではないがw)

まぁ、それはそれで悩むとして
MacOS 10.9
マーベリックスですよ。なんと、今回のOSは無料!
しかし、躊躇するのはやはり、まず僕の愛器
MacBook Airが2011年モデル。メモリ4ギガで通用するのか。
そして過去の経験から、買った当時のOSが最善のパフォーマンスなのは経験済み。
しかしマーベリックスは省電力、メモリ効率も売りとか。
な、悩むっ。
レビューでは、当然出たばかりのOSは当然不安定さがあるから酷評もあるけど。
もう少し、人柱さんの情報を収集してから、にしようと思います。
OSのインストールは時間が掛かるしね。


んで。
近況ですが、趣味の創作は「小説家になろう」をメインになりつつあり。
楽でいいよね、あまり考えずにできるってのは。
長らく停滞していた「星降る夜に願いをかけて」を書き始めています。まだデータを移行している段階ですが。
まぁ、そんなこんな。
では、また気まぐれに更新します。んでは!
posted by オカザキさん at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オカザキさん家の日常事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

ドリームハンターを読みました!


世界設定からして、複雑なので最初は読み進める事に忍耐がいりましたが、理解するとすっと物語が突き進んでいきます。女の子の物語とも言えるか。弱さ故の強さとも。


読みきった、というのがまず第一。そして夢と現実が繋がり、現実は夢に縛られず。ある意味ではラウラは、自身の手で運命を切り開いたのか、と。弱い女の子は愛を知り、強くなるというと陳腐だけど。



南半球にある小さな町に、地図に描けない不思議な空間、「その場所(プレイス)」があった。そこに行くことができるのは夢の狩人「ドリームハンター」だけ…。ある一族の物語が始まる。




という事で、最近熟読していた「ドリームハンター」でした。
いやぁ、まず読むのに難儀しました。上下巻でかなりのボリューム。
かつ独特の世界観、設定、伏線の複雑さ。

ドリームハンターと言われる職業が脚光を浴びたこの町で
高名なドリームハンターを遅々にもつ少女ラウラの物語。
従姉妹のローズの影に隠れながら、ドリームハンターを目指す。
ドリームハンターは夢をプレイスという特殊空間で捕まえて、それを上演する事により人々に癒しを与えるという能力をもつ人達なのです。

これは好みが別れますね。
女の子の揺れる心を書いていたり、
ただ泣くだけでなく、運命に立ち向かう信念や、それでも怖さ苛立ちと戦う姿が描かれていたり。

それに比べて、男性陣ガンバレ(笑)
特に中盤からでてくるメイソン青年。まぁ、あれだけ愛されたら本望かもしれないが。

夢がテーマなので、ドリームハンターが捕まえた夢が、幕間で書かれます。
これが、僕、描写的には眠くなりそうだったのですが(え?
ラスト、夢が現実に繋がり、そして夢に縛られず、自身の大切なことに突き進むラウラ。
プレイスの正体も含めて。

許されない時代時代というものって、やっぱりあって。
それは僕らが今、恵まれている時代でもそうかもしれない。
その中で「夢」や「愛」という、
結局は繋がる事なんだろうなぁ、と思います。

後、後半から萌える(笑)
ラブラブ度急上昇。髭剃してきなさい、とメイソン青年を退室させたローズ母の采配がいい。
なにって、それキスマークですよ。
僕の文章がぶれて何言ってるか伝わらない風味なのは、このシーン好き過ぎだから。まぁ、気になる方は本書を手に取られて。でも長いよ?

長いけど、父の従姉妹の背中に隠れていたラウラが、苛立ち、体当たり、がむしゃらに前へ突き進む様は、ハラハラしました。秋の夜長のお供に、少し覚悟を持って(笑)望まれたら。


という事で、2回目、3回目の再読で変わるかもしれない一冊かなぁ、と思ったり。
posted by オカザキさん at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | オカザキさん家の雑食読書感想日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

猫日記番外編


ジョギングしてた時に出会った猫さんです。僕の撮影にも動じないおの
おおらかな心、見習いたいものです。
てか、見下ろされてる?(笑)


image-20131013101455.png

習俗のニンゲンよ、まぁガンバレみたいな(笑)
posted by オカザキさん at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 雪ちゃんの日常(猫日記) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。