2013年06月07日

絵本 名作中の名作「カラスのパンやさん」

絵本の世界のワンダーランド!


プレゼントされた一冊。そして最近の息子君のマイブーム。昨日せがまれました(笑)
改めて読んで、遊び心いっぱい。
見開きいっぱいの創作パンに釘付けで、親は省略して読もうかとか姑息な事を考えているのに許してくれないの(笑)
長文の絵本ではありますが、子ども達は夢中。読み応え、読み聞かせ甲斐十分と思います。


書いた通りプレゼントされた一冊です。僕的には、不思議で、読むのは難しいが、子どもは大好きだろう絵本。読み聞かせの難易度は結構高いんじゃないか。でも面白い。そんな一品。


カラスの町「いずみがもり」にある、1軒の売れないパン屋さん。お父さんお母さん、4羽の子ガラス、家族みんなで、楽しい形のパンをどっさり焼いた。パンを買いにやってきたカラスの子ども、おじいさん、おばあさん、そしてなぜか消防自動車、救急車、テレビのカメラマンまでやってきて森は大騒ぎに…。



あらすじ以上に語れる事がない。
本を開いて、その世界に堪能して欲しい。でも読み聞かせなら、子ども達に読みたい気持ちになるけど、そこはぐっとこらえて2〜3回、読んでからアタックが望ましいかも。
文章量はそれなりなの然りですが、それ以上に登場するキャラの多いこと。
主役だけでも、お父さん、お母さん、子ども達四羽(カラスだからね)そこにお友達だ、警官だ、リポーターだのてんやわんやの騒ぎ。このコメディー要素たっぷりだけど、演じる事はとりあえずわすれるべきかな。
これだけのキャラを演じるよりは、眈々と読み上げる。かつ間や、空気を大事にする。何気なく読むとつっかかる、そんな絵本。こいつは面白いが難敵ですよ、奥様(え?)



物語は素晴らしいです。
まず子供たちが個性的。レモンちゃん、おもちちゃん、チョコちゃん、リンゴちゃん。
色がカラスの黒じゃない。
みにくいアヒルの子なら「うちの子じゃないわ」とポイっと捨てられる所かもしれないけど、このお父さんお母さんは生まれたところの個性には平等。というか頓着に値してないらしいよ。別に触れてないし、当たり前みたいだし。
ただ子育てで忙しいから、生焼けパンやら、お店は汚くなるやら。

それがちょっとしたきっかけで、子どもと父さん母さんは、それはそれは個性的なパンを作ることに……。

もう語り尽くせないこの絵本の良さがあるのですが、オカザキ的ハイライトはこのパン作りでしょう。
こんなパンからあんなパンまで。それはそれは所狭しと見開きで飛び込んできた時のチビさん達の興奮たるや。それはそれは、です(笑)
僕なんかちょっと面倒で読み飛ばしたくなるくらいですが、最近チビさんそれに気付いて許してくれなかったりするのです(笑)

あと、これだけは言わせて頂きたい。


あなたがしらないもりのなかで
どこからか
こうばしいにおいがしたら
もりのうえのほうを
みてごらんなさい。




どこでこの一文がでるかはナイショですが、こういう世界観が本当に素敵で素晴らしい。
つまり、みんなの近くに「いずみがもり」があるかもよ? って事でしょ?
ワクワク感たまらない感じがたまらない(笑)



ちなみにこの名作、続編が出てるらしい。チェックして読んだらまたこの場で紹介できたらいいなぁ、と思います。





冷やかしに対しての撃退法、お父さんさすが。
しっかし父さん、かなりの商売人だが手を抜いていたのか? とか思ったり。
もしくはチャンスに勝負か。


いやそういう本じゃないですね。とにかくカラスのパン屋さん、オススメでございます。一読を!




posted by オカザキさん at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本の世界のワンダーランド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

電子書籍と煩悩と その2




暑いです。暑い。
そろそろ夏バテの字もちらつき、僕のCPU稼働率が100%近くになりそうです。ちなみMac、PCの話しではなくて僕自身の体力のバロメーターならびに熱暴走おきますよ指数。そろそろ首下クーリングが活躍する季節かも。水分と適度な運動、そしてスティーブン・キングやホラー、怪談、ミステリもいい。もしくは少し熱くなる(いやかなり熱い)少年少女の冒険日誌的な児童文学も捨てがたい。後はほっこりするピュアな恋愛ものもいい。あ、結局はなんでもいいのか俺(笑)
でも今日は、困憊すぎた体力が回復せず、早々に珍しく定時で帰宅して来ました。やんれやれ。


では、今回は前回の電子書籍俺的考察の続き。
tokuさんが前回エントリーにコメント残してくれたので
ネタ回とします。


Sony Readerは?
Sony Readerは候補に挙がらないのですか?(笑)



一応、候補としては、楽天のkoboもsony readerも考えていたのですが、
僕の環境を考えると、少し躊躇なのでありました。
まずは僕の環境です。

Macユーザー
iOSユーザー

まずこれ。
その前にkoboは躊躇しました。まだ冊数が少ない事と、僕はモノを買うのが基本Amazonなのが申し訳ない。だって楽天さんのサイト構成があまり好みじゃなくて。えへ(°_°)
あ、でもiOS用アプリが4月にリリースされたり、Mac用クライアントソフトがあったりと環境は充実している感じですね。
動作がもっさりとか。うん、なかなか大変なんですねと思ったレビューもあったり。


んで。対案は、toku先生おすすめのソニーリーダーです。
最大の売りは物理ボタンにより、タッチ捜査に依存しない事ですか。
ただIOSアプリはなし。
Macクライアントも万全では無いというレビューがあったり。ふむむ。
あとはソニー・リーダーのデザインかなぁ。
物理ボタンならではのデザインをおしてくれたらいいんだけど、タブレットに物理ボタンつけました、という感じが・・まぁここらへんは個人の好みもあってでしょうから。でも触ったら分からないよねぇ。モノ作りの真髄を感じてしまうかもしれないし。あくまでレビューサイト等での印象でしか無いから、偏見はよくない。うん。

でも、どれを見ても、読書専用端末として迷ってしまうのもまた確か。
軽いは正義ならKindleだろうし。
日本企業応援ならsonyか楽天だし。sony storeの品揃えも気になる。
凡庸ならiPadだろうし。
正直、難しい。

読書に没頭できる、さりげないというか。
端末そのものが、思考のトリップとともに
消えてしまう。そんなツールって、多分難しいのかもしれないけど、
読み手がワクワクする端末ってのは、
考えるだけでワクワクさんだ。






って事でtokuさん、すいません。結論でませんでした(笑)
むしろ「ねごとや」さんでsony readerの素晴らしさを記事にしてもらって
ついでに、tokuさん著作の数々を電子書籍にしてもらったら
5倍、オカザキは楽しめるのですが(笑)

で結局どうする?
そこに行き着く訳だ。iPad miniがレティナだったら。
モノクロiPad miniが出たら(無いだろうなぁ)
それは考えてしまうかもしれないが。

全ては「ねごとや」さん次第か!
という事でダメ?

よろしくお願いします!
(考察になってなかったのは内緒だ!)

悩ましい・・色々、本当に悩ましいです。んでは。
posted by オカザキさん at 19:59| Comment(1) | TrackBack(0) | オカザキさん家の日常事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。